中村ゆい CD “darkthroat” に参加

darkthroat
CD, meenna-968, 限定300部
2020年7月12日発売
価格 1,500 円 + 税

IIII (20:03)
I (15:09)
II (23:41)

中村ゆい:喉、口、マイク

河野円:テープ・レコーダー、ミキサー、スピーカー (1)
池田陽子:ヴィオラ (1)
池田若菜:フルート (1)
大蔵雅彦:クラリネット (3)

ヴォイス・パフォーマーの中村ゆいは、口と喉を使って微細な声を発する。その声は、演奏な中で状況に合わせていくつものを形を取り変化するが、どれもその場に漂う空気の延長線上にあるかのようだ。

Ftarri でのライヴ録音がCD化される時、CD化を先に決めてから公開録音のコンサートをおこなうケースはさほど多くない。しかし、本作はその少ないケースのひとつ。東京、水道橋の Ftarri ショップが3周年を迎えたのを記念して2015年8月に制作したCD-R6枚のうち Vol. 6 に、中村ゆいが自宅で周辺の音と一緒に録音した10分の静かなソロ作品が収録されている。日常とヴォイス・パフォーマンスの結びつきのさり気なさがすばらしかったので、このCD-Rリリース後、Ftarri で公開録音をおこないCDリリースすることが決まった。結局、実施までに数年かかってしまったが、2018年の1月21日と2月25日、中村以外に、彼女の声との相性抜群と思われる4人の演奏家を呼んでコンサートを2回おこなった。共演者は1月が大蔵雅彦 (クラリネット)、2月が河野円 (テープ・レコーダー、ミキサー、スピーカー)、池田陽子 (ヴィオラ)、池田若菜 (フルート)。こうして、中村の1月録音のソロ演奏も1曲加え、ソロ、デュオ、カルテットの全3曲を収録したアルバム・リリースが実現した。

中村はどの曲においても、静かに様々な声を発している。共演者はいずれも各自の演奏スタイルを存分に発揮しつつ、中村のヴォイスと協調し、演奏の密度の高さは特筆ものだ。さりげない中に潜む静かな凄みが際立つ名品が生まれた。

https://www.ftarri.com/meenna/968/index-j.html
bandcamp

AMPLIFY 2020 quarantine に音源参加

アメリカのレーベルErstwhile Records主催のオンラインフェスに音源参加しました。
quarantine(隔離)がテーマとなっています。

give me some space
Madoka Kouno

I’ve been chased by two kids at home for about 3 months.
I finally recorded this work when my husband took them outside after Japan lifted a state of emergency.

Recorded on 2 June 2020, in Tokyo.
Special Thanks to Shinkan Tamaki

AMPLIFY2020

bandcamp

Kevin Corcoran, 秋山徹次 Tetuzi Akiyama, 河野円 Madoka Kouno
bandcamp

 

Tim Olive, Samuel Dunscombe, 河野円 Madoka Kouno
bandcamp

Hubble Deep Fields

Hubble Deep Fields

CD, meenna-875, 限定180部、通し番号付き
2019年2月17日発売
価格 1,500 円 + 税

BEGINNINGS (12:36)
HOW SLOWLY DARK (8:49)
AN ANCIENT BRILLIANCE (8:56)
FAINT LIGHTS (9:12)

高島正志:作曲、ドラムス、G.I.T.M.
河野円:テープ・レコーダー、ミキサー、スピーカー
徳永将豪:アルト・サックス
竹下勇馬:エレクトロベース

ドラマー、作曲家の高島正志は2018年に福島県より東京に移り住み、以前にも増して音楽活動を活発化させている。引っ越し後に、彼が自身の作曲作品を演奏するために声をかけたメンバーが、河野円 (テープレコーダー、ミキサー、スピーカー)、徳永将豪 (アルト・サックス)、竹下勇馬 (改造エレクトリック・ベース)。この3人に高島 (ドラムス、エレクトロニクス) を加えたカルテットが、2018年8月19日、東京「Ftarri」でコンサートをおこない、高島が作曲したそれぞれ10分前後の4曲を演奏した。

本アルバムには、その時のライヴ演奏を収録。五線譜、テキスト、図形によるルールの設定や指示に基づき、即興的な要素をふんだんに盛り込みながらも、周到に構成の行き届いた演奏となっている。しかも、それぞれ別個の曲でありながら全曲通しての流れも絶妙で、あたかも4楽章の作品1曲を聴いているかのよう。高島の作曲家としての才と、4人の演奏の魅力がはっきりと表現された良作。180部限定、通し番号付き。

https://www.ftarri.com/meenna/875/index-j.html
bandcamp

Digital Audio Film (expanded performance version)


Documentation of a performance for three 16mm projectors and three live musicians with CD players and drives.
Film by Stephen Cornford
Live sound by Stephen Cornford, Patrick Farmer & Madoka Kuono
Commissioned by and premiered at Ftarri Festival, Tokyo (2015).
With thanks to Shinkan Tamaki and Yoshiyuki Suzuki.
This project was part funded by The Center for Moving Image Research at The University of the West of England and was produced at Bristol Experimental & Expanded Film.

The film combines a handmade colour animation of frames exposed to the laser in a portable CD player with black and white macro footage of the electromechanical elements in various CD technologies. The live soundtrack is all sourced from CD/DVD machines.

http://stephencornford.net/DigitalAudioFilm.html
http://www.ftarri.com/festival/2015/index-e.html

Septet//2013

Septet//2013

CD2枚組、レーベル:Pico(日本)、CD番号:Pico-05/06、2014年6月発売。価格:2600円
金沢在住の即興演奏家、島田英明が企画し、彼のディレクションの下、東京、Ftarri でおこなわれたライヴ・シリーズ「集団即興演奏による試み」での2回の演奏をCD2枚に収録。どちらも演奏者は7名(1回目と2回目で、ほとんどメンバーは異なる)。終始、アブストラクトで微細な楽器音が重なり合い混じり合いながら、静かに進行する。演奏者は5月が、秋山徹次 (guitar)、古池寿浩 (trombone)、高岡大祐 (tuba)、松本健一 (tenor sax)、河野円 (tape recorders)、石川高 (笙)、島田英明 (violin)。10月が、広瀬淳二 (tenor sax)、古池寿浩 (trombone)、木下和重 (violin)、鈴木學 (electronics)、池上秀夫 (contrabass)、Maresuke (contraviola)、島田英明 (violin)。

disc 1
Masptt 1 (23:05)
Masptt 2 (22:47)
Masptt 3 (22:45)

Hideaki Shimada: violin
Ko Ishikawa: sho
Tetuzi Akiyama: guitar
Kenichi Matsumoto: tenor saxophone
Daysuke Takaoka: tuba
Toshihiro Koike: trombone
Madoka Kouno: tape recorders

disc 2
Ocsptt 1 (24:34)
Ocsptt 2 (25:56)
Ocsptt 3 (22:07)

Hideaki Shimada: violin
Kazushige Kinoshita: violin
Junji Hirose: tenor saxophone
Hideo Ikegami: contrabass
Maresuke: contraviola
Toshihiro Koike: trombone
Manabu Suzuki: electronics
Concerts organized and directed by Hideaki Shimada
Recorded live at Ftarri, Tokyo, May 11, 2013 (Pico-05) and October 12, 2013 (Pico-06)
Photos by Eigen Kino and Yoshiyuki Kitazato
Design by Makoto Masui
Artwork by Hideaki Shimada

Released in June 2014

2010.02のライブ録音 “Testify” Release

美川俊治、石川高、大島輝之、牧野琢磨、山本達久、河野円、弘中聡、康勝栄
Toshiji Mikawa, Ko Ishikawa, Teruyuki Oshima, Takuma Makino, Tatsuhisa Yamamoto, Madoka Kouno, Satoshi Hironaka, Katsuyoshi Kou

directed by 康勝栄 Katsuyoshi Kou

ライブ会場 七針にて販売
1,500 円(限定100枚) sold out